コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枝の祝日 えだのしゅくじつDominica in Palmis (Dominica palmarum); Palm Sunday

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枝の祝日
えだのしゅくじつ
Dominica in Palmis (Dominica palmarum); Palm Sunday

キリスト復活祭前の日曜日をカトリックでは枝の祝日,プロテスタントではしゅろの主日 (祝日) という。この日キリストのエルサレム入城を記念する典礼をもって受難週が始る。カトリックではこの日の行列の式典に参加する者はしゅろまたは緑の枝を持つのが常で,しゅろの枝はキリストの勝利と参列者自身の成聖の希望の象徴として,また悪霊の敵意に対する守護として用いられる。これは人々が勝利の枝を持って天の門に現れるとき,神がこれを開きたもうという終末論的思想によるもので,種々の典礼と密接に関連し,現在では信徒はしゅろまたはかんらんの枝を聖堂に持参して祝別を願い,悪霊,天災,疾病を防ぐため,十字架像,聖水と並べて寝室,居間に飾っておく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

枝の祝日の関連キーワードテオデュルフ聖週間竹中郁

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android