コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テスラン・ド・ボール Léon Philippe Teisserenc de Bort

世界大百科事典 第2版の解説

テスラン・ド・ボール【Léon Philippe Teisserenc de Bort】

1855‐1913
フランスの気象学者。パリ生れ。父は大使,大臣にもなった高官。1880年フランスの中央気象台に入り,83年には大気活動の中心論を発表した。92年からは名目だけの気象台員となり,96年には私費を投じてパリ郊外に高層気象観測所をつくり高層観測を行った。1902年4月,アカデミー・デ・シアンスの雑誌《コント・ランデュ》に,気温は高度とともに下がっていくが,8~12kmより高いところではほぼ一定になることを発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

テスラン・ド・ボールの関連キーワードアカデミー・デ・シアンスアスマン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android