テスラン・ド・ボール(英語表記)Léon Philippe Teisserenc de Bort

世界大百科事典 第2版の解説

テスラン・ド・ボール【Léon Philippe Teisserenc de Bort】

1855‐1913
フランスの気象学者。パリ生れ。父は大使大臣にもなった高官。1880年フランスの中央気象台に入り,83年には大気活動の中心論を発表した。92年からは名目だけの気象台員となり,96年には私費を投じてパリ郊外に高層気象観測所をつくり高層観測を行った。1902年4月,アカデミー・デ・シアンスの雑誌《コント・ランデュ》に,気温は高度とともに下がっていくが,8~12kmより高いところではほぼ一定になることを発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android