コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスマン Richard Assmann

4件 の用語解説(アスマンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アスマン【Richard Assmann】

1845~1918) ドイツの気象学者。成層圏発見者の一人で高層気象観測に従事。また、屋外での気温・湿度の正確な測定に用いられる通風式乾湿計を考案。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アスマン

ドイツの気象学者。マクデブルクの生れ。1905年リンデンベルク高層気象台初代台長。テスラン・ド・ボールと独立に成層圏を発見。アスマンの考案したアスマン通風乾湿計は,乾湿2本の水銀温度計の球部に,ばね仕掛の回転羽根で通風し,5分ぐらいで示度を読みとるもので,日射おおいもあり,野外の湿度測定に適する。
→関連項目乾湿計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アスマン【Richard Assman】

1845‐1918
ドイツの気象学者。通風乾湿計を考案(1887)したことで知られており,成層圏の発見者の一人でもある。成層圏に関する彼の論文がベルリン科学アカデミーの報告に発表されたのは1902年5月で,テスラン・ド・ボールにおくれることわずか1ヵ月であった。マグデブルクの生れ。はじめ医学を勉強し開業した。しかし,気象が好きで,1880年マグデブルク新聞が私設の気象観測所を設立したとき,その運営に当たり,84年には通俗学術雑誌《天気Das Wetter》を創刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスマン
あすまん
Richard Assmann
(1845―1918)

ドイツの気象学者。マグデブルクに生まれる。初めは医学を志したが、気象学が好きでのちに転向し、1886年にはベルリンの気象台に招かれて気象課長になった。1887年に通風乾湿計を考案。これは温度計の球部に大量の空気を吹き付けて、空気の真の温度と湿度とが測定できるようにくふうしたものである。高層気象観測に熱心で、初めはベルリンの郊外で観測を行っていたが、1905年にリンデンベルクにできた高層気象台の台長となり、主として(たこ)と係留気球により観測した。1902年にはフランスのテースラン・ド・ボールが発見した成層圏を追試して確認した。1884年に通俗気象雑誌『天気』Das Wetterを、1904年に学術雑誌『自由大気の物理学誌』Beitrge zur Physik der freien Atmosphreを創刊した。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスマンの関連キーワードサットンロスビー強制通風統一ドイツ石丸雄吉大石和三郎小倉義光大後美保滑川忠夫ジューリング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスマンの関連情報