コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テニアン[島] テニアン

世界大百科事典 第2版の解説

テニアン[島]【Tinian Island】

西太平洋,マリアナ諸島の火山島。アメリカの自治領〈北マリアナ諸島〉に属する。面積98km2,人口約700。ラッテと呼ばれる巨石柱の考古学的遺物は諸島中最大である。かつては多くのチャモロ族が居住していたが,1695年スペイン政府により統治の必要上からグアム島に強制移住させられた。19世紀初めグアムおよびカロリン諸島から数人の移住者が来島するまで,島は無住で,野性化した牛や豚の天国となっていた。第1次大戦後の日本統治時代,島の大部分はサトウキビ畑となったが,戦争によって荒廃した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテニアン[島]の言及

【B29】より

…愛称スーパーフォートレスSuperfortress。ボーイング社により開発された米軍の大型長距離爆撃機で,太平洋戦争中は,1944年6月16日,中国大陸の成都から発進し,北九州八幡地区の爆撃に使用されて以降,サイパン島,テニアン島などを基地として,終戦まで日本の各都市の爆撃,および広島,長崎への原爆の投下に使われ,後に朝鮮戦争においても使用された。開発は1940年1月に開始され,試作機の初飛行は42年9月に行われた。…

※「テニアン[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報