自治領(読み)じちりょう(英語表記)Dominion

翻訳|dominion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「自治領」の解説

自治領
じちりょう
Dominion

元来は大英帝国の有力な植民地に与えられた名称であるが,その意味は時代とともに変化した。 1867年にカナダが自治権を獲得した際に初めてこの名称が与えられ,以後オーストラリアニュージーランド南アフリカにもこの名称が与えられた。第1次世界大戦までは自治領に国際法上の主体性は認められなかったが,戦後パリ講和会議には個々に代表を送り,国際連盟にも原加盟国として参加した。さらに 1926年のイギリス帝国会議でバルフォア報告が採択され,自治領はイギリス国王に対する共通の忠誠によって結ばれるコモンウェルス一員としてイギリスと対等の地位を有することが宣言された。 31年のウェストミンスター法律は,カナダ,オーストラリア,ニュージーランド,南アフリカ,ニューファンドランドを自治領としてあげ,法的に完全な独立国であることが宣言された。第2次世界大戦後は完全な独立国として外国と条約を結び,外交使節を交換するようになり,国際連合の加盟国にもなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「自治領」の解説

自治領
じちりょう

国際法上はイギリス連邦(コモンウェルス)内のドミニオンDominionの訳語である。イギリス連邦の構成メンバーでかつて白人の植民地であったカナダ、オーストラリア、ニュージーランドのそれぞれの特殊な地位をさすが、現在ではこの呼称はしだいに用いられなくなっている。南アフリカも以前は自治領の立場にあったが、1961年共和制に政体を変え、自治領でなくなり、またイギリス連邦からも離脱した。

[池田文雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「自治領」の解説

自治領【じちりょう】

国家の領域の一部でありながら広範囲の自治権をもつもの。典型的なものはイギリス連邦諸国中の自治領で,英国王を共通の元首とし,英本国から任命された総督が元首を代表しているが,実際には独立国の地位と権限をもっている。カナダ,オーストラリア,ニュージーランド等がそれに当たる。
→関連項目植民地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「自治領」の解説

じち‐りょう ‥リャウ【自治領】

〘名〙 (dominion の訳語) 国家の一部分であって、広範囲な自治権をもつ領土。特に、イギリス連邦に属する独立国であるカナダ、オーストラリア、ニュージーランドをさすが、現在ではあまり用いられない。〔現代文化百科事典(1937)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「自治領」の解説

じちりょう【自治領】

国際法上は,イギリスの〈ドミニオンDominion〉の訳語として使われてきた。もともとはイギリス帝国の有力な植民地に与えられた名称であるが,現在はイギリス本国と元首を共通にする主権国家を指す。第1次大戦前,植民地にすぎなかった自治領は,戦後,国際連盟に加盟するなどして,国際法上の主体性を徐々に獲得していった。そこで,1926年に帝国会議が採択したバルフォア報告は,イギリスおよび自治領は平等の地位をもつと述べ,31年のウェストミンスター憲章は,〈自治領〉の表現は,カナダ,オーストラリア,ニュージーランドなど6共同体のどれかを意味すると規定した(1条)が,当時のコモンウェルスは,イギリスとこれら6自治領によって構成されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android