コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テムデル(鉄木迭児) テムデルTemüder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テムデル(鉄木迭児)
テムデル
Temüder

[生]?
[没]至治2(1322)
中国,中期の権臣。モンゴル人。世祖フビライ・ハンのとき中書左丞相をつとめたフルブハ (忽魯不花) の兄弟ムルホチ (木児火赤) の子。仁宗即位とともに中書右丞相となり,武宗朝以来のインフレーションの抑制に各種の政策を行なったが,失敗。武宗,仁宗の母,興聖太后の庇護を背景に,仁宗の皇太子にシデバラ (→英宗) を立てるため尽力。一度その専権,汚職を平章政事バイジュ (拝住) らに指弾され失脚したが,英宗即位後再び右丞相となって権勢をふるい,政敵を殺した。死後旧罪をあばかれ,爵位を追奪,家産を没収された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テムデル(鉄木迭児)の関連キーワードバイジュ(拝住)テクシ(鉄失)英宗[元]馬祖常至治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android