コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テュエステス Thyestēs

翻訳|Thyestēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テュエステス
Thyestēs

ギリシア神話の人物。ペロプスヒッポダメイアの子。双子の兄弟アトレウスとともに異母兄弟のクリュシッポスを殺害して故国を追放され,ミケーネのステネロス王のもとに亡命し,その死後どちらかが王位につくことになったことから,兄弟同士で激しい憎悪を燃やし,未曾有の残忍な争いを演じた。まずテュエステスがアトレウスの妻と密通し,彼女の助けによって王位を手に入れようとしたが,アトレウスはゼウスの助けによってこの企てを打ち破り,太陽が東に沈む奇跡を起して王位につくと,テュエステスに復讐するためその息子たちを殺し,肉を料理して食わせた。この仇を討つためテュエステスは神託の教えに従い,実の娘ペロピアと交わってアイギストスをもうけた。成長したアイギストスはアトレウスを殺し,テュエステスを王位につけたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテュエステスの言及

【アトレウス家伝説】より

…だが口ふさぎのため殺害された御者は,死に際にペロプス一族に呪いをかけた。ペロプスには2人の息子アトレウスとテュエステスThyestēsがあった。かつて兄アトレウスはアルテミス女神に自分の所有する一番美しい羊を贄に供する約束をしたが,黄金の羊が生まれたとき,これを秘し約束を違えた。…

※「テュエステス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テュエステスの関連キーワードアガメムノンガスマン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android