コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テュエステス テュエステス Thyestēs

翻訳|Thyestēs

1件 の用語解説(テュエステスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テュエステス
テュエステス
Thyestēs

ギリシア神話の人物。ペロプスヒッポダメイアの子。双子の兄弟アトレウスとともに異母兄弟クリュシッポスを殺害して故国を追放され,ミケーネステネロス王のもとに亡命し,その死後どちらかが王位につくことになったことから,兄弟同士で激しい憎悪を燃やし,未曾有の残忍な争いを演じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテュエステスの言及

【アトレウス家伝説】より

…だが口ふさぎのため殺害された御者は,死に際にペロプス一族に呪いをかけた。ペロプスには2人の息子アトレウスとテュエステスThyestēsがあった。かつて兄アトレウスはアルテミス女神に自分の所有する一番美しい羊を贄に供する約束をしたが,黄金の羊が生まれたとき,これを秘し約束を違えた。…

※「テュエステス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テュエステスの関連キーワードヒッポダメイアペロプスボレアスギリシャ神話Πελόπιον《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)カイロン(キローン)キローン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone