コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テリピヌシュ Telipinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テリピヌシュ
Telipinus

ヒッタイト古王国時代の最後の王 (在位前 1525頃~1500頃) 。王朝の権力闘争のさなかに王位を奪取し,即位後,無法状態の終止と王位継承法の確立とに尽力した。テリピヌシュ勅令と呼ばれる法令を発布,国家基本法に触れる犯罪を裁く最高法院としての役割を貴族会議 (パンクシュ) に与え,謀殺事件に関しては,国王をも裁判する権限を賦与した。この勅令は,新王国 (前 1400頃~1190頃) の終りまで遵守された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テリピヌシュの関連キーワードラバルナシュ1世