コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テリピヌシュ テリピヌシュ Telipinus

1件 の用語解説(テリピヌシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テリピヌシュ
テリピヌシュ
Telipinus

ヒッタイト古王国時代の最後の王 (在位前 1525頃~1500頃) 。王朝の権力闘争のさなかに王位を奪取し,即位後,無法状態の終止と王位継承法の確立とに尽力した。テリピヌシュ勅令と呼ばれる法令を発布,国家基本法に触れる犯罪を裁く最高法院としての役割を貴族会議 (パンクシュ) に与え,謀殺事件に関しては,国王をも裁判する権限を賦与した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テリピヌシュの関連キーワード近肖古王落句ネブカドネザル二世最後の最後ダフラオアシス最後のスパイ/慈愛ハマトビジャヤムルシリ[1世]ムルシリ[2世]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone