発布(読み)ハップ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)法律などを世間に広く告げ知らせること。公布。「憲法を発布する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
法律や憲法などを、世の中に広く知らせること。 憲法を-する 類義の語に公布があるが、公布施行と対になる語で、新しく成立した法律・政令・条約等を官報などに記載し、一般国民に知らせる意を表す。それに対して発布は文章語で、新しく法律などを世の中に広く知らせる意を表す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 の中に広く告げ知らせること。世間にあまねくゆきわたらせること。公布
※団団珍聞‐五二五号(1886)「所得条例はいよいよ来春早々発布の筈なりと〈略〉(本日毎日新聞)」 〔潘岳‐射雉賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発布の関連情報