コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終止 シュウシ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐し【終止】

[名](スル)
物事が終わること。終わり。しまい。
楽曲・楽章などの終わりの部分で、終止感を表す定型的な和音の進行部分。また、その形。カデンツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうし【終止】

( 名 ) スル
終わりにすること。終わること。おしまい。
西洋音楽で、楽曲や楽句などの終わりにおかれ、段落感や終結感を起こさせる定型化した和声ないし旋律の構造。和声進行の型としては完全終止・不完全終止・全終止・半終止・変格終止・偽終止・フリギア終止などに分類される。終止形。カデンツ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

終止の関連キーワード複縦線・終止線 [double bar line]終止記号[cadence mark]カデンツァ[cadenza(伊)]縦線[bar line]言い切り・言切りフリギア終止放電終止電圧フリギア旋法言ふならくドリア旋法カデンツァ怖ず怖ず三句切れ変格終止教会旋法カリ活用終止記号フィーネ終止電圧ばってん

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終止の関連情報