コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終止 シュウシ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐し【終止】

[名](スル)
物事が終わること。終わり。しまい。
楽曲・楽章などの終わりの部分で、終止感を表す定型的な和音の進行部分。また、その形。カデンツ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうし【終止】

( 名 ) スル
終わりにすること。終わること。おしまい。
西洋音楽で、楽曲や楽句などの終わりにおかれ、段落感や終結感を起こさせる定型化した和声ないし旋律の構造。和声進行の型としては完全終止・不完全終止・全終止・半終止・変格終止・偽終止・フリギア終止などに分類される。終止形。カデンツ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

終止の関連キーワード複縦線・終止線 [double bar line]終止記号[cadence mark]カデンツァ[cadenza(伊)]縦線[bar line]痩す痩す・瘦す瘦す言い切り・言切りフリギア終止フリギア旋法カデンツァドリア旋法言ふならく芥子・辛子終止記号垂んとす成る可くなんなり変格終止ばってんアタッカ教会旋法

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終止の関連情報