コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルアビブヤッファ Tel Aviv-Jaffa

デジタル大辞泉の解説

テル‐アビブ‐ヤッファ(Tel Aviv-Jaffa)

イスラエル中西部の都市。地中海に面し、同国の政治・経済の中心地。1909年ユダヤ人移民によって建設が始まり、1949年に隣接するヤッファと合併。市街中心部には1930年代に建てられたバウハウス様式の建物が数多く残っており、その白い外観から「白い都市」と呼ばれる。2003年、「テルアビブのホワイトシティ、近代化運動」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、行政区39万(2008)。テルアビブ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

テルアビブヤッファ【Tel Aviv-Jaffa】

イスラエルの地中海に臨む港湾都市。同国の政治・経済の中心。テルアビブが1950年ヤッファと合併して改称。繊維・金属・機械などの工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

テルアビブヤッファの関連キーワードマフムディーヤモスクマゲンダビド広場ディゼンゴフ広場ケドゥミーム広場シャロームタワーハヤルコン公園聖ペテロ教会アシュケロンラマットガンカルメル市場ヘルツリヤイスラエルアシドッドカイザリヤネタニヤ港湾都市ラトルン改称

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android