テルベールシェバ(英語表記)Tel Beersheba

デジタル大辞泉の解説

テル‐ベールシェバ(Tel Beersheba)

イスラエル南部の都市ベールシェバにある古代遺跡。市街東方、約7キロメートルに位置する。紀元前4000年頃から定住がはじまり、ユダ王国の主要な都市の一つとなった。紀元前10世紀頃のダビデ王朝時代のものとされる宮殿、倉庫、貯水施設、住宅地などの遺構が見つかっている。2005年に「聖書時代の遺丘群、メギッドハツォール、ベールシェバ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。テルベエルシェバ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android