コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレコバルト治療装置 テレコバルトちりょうそうちtelecobalt unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレコバルト治療装置
テレコバルトちりょうそうち
telecobalt unit

厳重な遮蔽壁に囲まれた中に約 5000Ci(キュリー)のコバルト60 60Coを入れ,そのγ線を遠隔照射する治療装置。コバルト60のエネルギーは約 1.25MeV(メガ電子ボルト)と高く,従来の X線よりも深部への到達率が高い。吸収線量が皮膚表面から数mm深部で最高になるため皮膚障害が少なく,骨障害も少ない。の存在部位により,さまざまな照射方法がとられる。線形加速器と比べると,照射野の辺縁がぼける。コバルト60の半減期が 5.25年なので,線源の交換が必要である。(→超高圧放射線治療

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テレコバルト治療装置の関連キーワードメガ電子ボルト

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android