コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超高圧放射線治療 ちょうこうあつほうしゃせんちりょうsupervoltage radiotherapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超高圧放射線治療
ちょうこうあつほうしゃせんちりょう
supervoltage radiotherapy

一般に,100万eV(電子ボルト)以上のエネルギーの放射線を発生させる装置を用いた治療。X線γ線などは,高圧になるほど深部における線量の減衰は少なくなり,吸収線量が最大となる部位も皮膚表面から深部へ移行するため,皮膚障害が軽減される。骨,軟骨,軟部組織間の放射線の吸収差もほとんどなくなる。そのため中等度圧の X線による治療に比べて,骨障害の出現頻度が下がり,深部の腫瘍の治療が容易となり,成績も向上した。1950年代以降に実用化された。代表的な治療装置としては線形加速器ベータトロンテレコバルト治療装置などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

超高圧放射線治療の関連キーワードコバルト60大量遠隔照射装置

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android