テレブラチュラ(英語表記)Terebratula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレブラチュラ
Terebratula

腕足動物門テレブラチュラ科の代表的化石属。外形円形に近く,ちょうつがい線はきわめて短く,湾曲している。殻は有斑で表面は平滑。強い肉茎によって他物に付着して生活しているが,茎孔は丸くて殻頂に位置する。腕骨環状三畳紀から現世まで分布するが,ジュラ紀以降に繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android