コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレーズ・ド・リジュー Thérèse de Lisieux

世界大百科事典 第2版の解説

テレーズ・ド・リジュー【Thérèse de Lisieux】

1873‐97
フランスの聖女,カルメル会修道女。本名テレーズ・マルタンThérèse Martin。〈幼きイエズスと聖なる御顔のテレーズThérèse de l’Enfant‐Jésus et de la Sainte‐Face〉とも呼ばれる。富裕な宝石商の末娘として生まれ,幼時から家族への強い愛着と,内面への沈潜の傾向を示す。1888年2人の姉の後を追ってリジューのカルメル会修道院に入る。外面的にはなんら目だたない祈りと観想の生活を送り,みずから〈小さき道〉と呼んだ,幼子の単純さと,英雄的な犠牲の甘受が一体となった信心に徹する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテレーズ・ド・リジューの言及

【小さき花】より

…フランスの神秘思想家テレーズ・ド・リジューの自叙伝。正式の書名は《ある霊魂の物語Histoire d’une âme》。…

※「テレーズ・ド・リジュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テレーズ・ド・リジューの関連キーワード小さき花

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android