テンシュテット(読み)てんしゅてっと(英語表記)Klaus Tennstedt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンシュテット
てんしゅてっと
Klaus Tennstedt
(1926―1998)

ドイツの指揮者。メルゼブルク生まれ。ライプツィヒ音楽大学でバイオリン、ピアノ、理論を学ぶ。バイオリン奏者として働いたのち、指揮に転じ、旧東ドイツ各地で指揮者・音楽監督を歴任。1971年スウェーデンに移り、74年カナダ、アメリカに、76年にはイギリスにデビュー。79~81年ハンブルクの北ドイツ放送交響楽団常任指揮者を経て、83年ロンドン・フィルハーモニーの音楽監督に就任。84年(昭和59)同楽団を率いて初来日。とくに得意とするマーラーとブルックナーでは、ゆったりしたテンポでおおらかに歌うとともに、緩みのない構成のなかに風格と気品を漂わせる。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android