コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンノウメ(天の梅) テンノウメOsteomeles subrotunda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンノウメ(天の梅)
テンノウメ
Osteomeles subrotunda

バラ科の常緑小低木。琉球列島の海岸の岩上にはうように生える。主幹は横にはい,まばらに分枝して枝は短く直立する。葉は互生する羽状複葉で,全体は長さ3~4cmで7~8対の小葉が並ぶ。若枝と葉には白く硬い毛が密生する。春に,枝の頂に小さな散房花序をつくって,ウメ (梅) に似た5弁の小白花を咲かせる。おしべは多数。花の径は 1cm弱であるが,地表近くに多数の花が散開して美しい。しばしば盆栽用に栽培される。小笠原諸島には同属の近縁種タチテンノウメ O.boninensisとシラゲテンノウメ O.lanataがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android