コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディカペタルム Dichapetalum

1件 の用語解説(ディカペタルムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ディカペタルム【Dichapetalum】

ディカペタルム科に所属する熱帯に分布する木本で,ときにはややつる性になる(イラスト)。花序が葉に合生する性質を有する種が多い。この属のアフリカ産の種には有毒なものがある。ディカペタルム・トキシカリウムD.toxicarium Englerをはじめ数種が有毒といわれているが,それらは葉がとくに有毒で,果実はそれほどではなく,果肉の部分が食用にされる。またジャワ産のディカペタルム・ティモリーエンセD.timoriense Englerはつる性の木本で,樹皮から繊維が採取され,若葉は煮て食用にされ,果実は魚とともに調理するのに使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディカペタルムの関連キーワードサバンナ熱帯湖ピレアディスカスパフィオペディルム亜熱帯植物鳶烏賊メディカルスイートバジル粒度分布

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone