ディラック粒子(読み)ディラックリュウシ

デジタル大辞泉「ディラック粒子」の解説

ディラック‐りゅうし〔‐リフシ〕【ディラック粒子】

相対論的量子力学枠組みで定式化されたディラックの方程式に従う粒子スピン1/2のフェルミ粒子を指し、電子μ粒子陽子中性子などが含まれる。特殊な条件下において、物質中で形式的に質量が零の粒子としてふるまうことが知られている。電子については特にディラック電子ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android