コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディートマルシェン Dithmarschen

1件 の用語解説(ディートマルシェンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ディートマルシェン【Dithmarschen】

ユトランド半島南西岸にあり,エルベ川とアイダー川にはさまれた地域。現在のドイツシュレスウィヒホルシュタイン州の西部海岸地域。 ディートマルシェンは湿地帯によってドイツ本土からさえぎられ,地理的に独立していたが,政治・国制史のうえでもドイツの他の地域とは異なった歴史を歩んできた。すでにカロリング朝のもとでハンブルクブレーメン大司教の伝道によってキリスト教に改宗し,伯領として帝国に編入されていたが,その支配は貫徹せず,住民の抵抗にあって,中世末期までこの地はほぼ独立状態を保った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディートマルシェンの関連キーワードエルベ川葉山真野リューベックインド半島ユトランド半島リーベダンベッグ砦ノルトオストゼー運河レゴランドビルン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone