ディートマルシェン(英語表記)Dithmarschen

世界大百科事典 第2版「ディートマルシェン」の解説

ディートマルシェン【Dithmarschen】

ユトランド半島南西岸にあり,エルベ川とアイダー川にはさまれた地域。現在のドイツのシュレスウィヒ・ホルシュタイン州の西部海岸地域。 ディートマルシェンは湿地帯によってドイツ本土からさえぎられ,地理的に独立していたが,政治・国制史のうえでもドイツの他の地域とは異なった歴史を歩んできた。すでにカロリング朝のもとでハンブルク・ブレーメン大司教の伝道によってキリスト教に改宗し,伯領として帝国に編入されていたが,その支配は貫徹せず,住民抵抗にあって,中世末期までこの地はほぼ独立状態を保った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android