コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーナワリー al‐Dīnawarī

世界大百科事典 第2版の解説

ディーナワリー【al‐Dīnawarī】

?‐894∥895
イスラムの学者でイラン人。その生涯については不詳。おもにイラクで活動し,言語学,文学,植物学,天文・地理学,数学など,その学問的活動分野は広く,また著書も《植物辞典》《インド算数研究》《長史》など数多い。完全な形で現存するのは《長史》のみであるが,これはイラン人の立場から書かれたイスラム世界史として重要であり,他の史書にはない貴重な内容も含まれている。【花田 宇秋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーナワリーの関連キーワードグィード2世読売新聞清原令望アルヌルフ[ケルンテン]菅原道真スワトプルク遣唐使ツアー・オブ・ジャパンフィリピン台風県内の生活保護

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android