コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタルテレビ でじたるてれび

3件 の用語解説(デジタルテレビの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタルテレビ

従来のアナログテレビ放送に代わって、デジタル技術を用いて高画質・多チャンネルを実現するテレビ放送のこと。または、デジタルのテレビ放送を受信できるテレビのこと。アナログのテレビでデジタル放送を受信するには、専用のチューナーが必要である。現在は、BSデジタル放送CSデジタル放送で利用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デジタルテレビ
デジタルテレビ
digital television

内部回路のデジタル化とデジタルメモリの使用により画質を改善し,また高度な自動調整などの多機能化を図ったテレビ受像機。テレビ信号をデジタル化すれば高画質化が達成できるが,必要な周波数帯域が広がり,その実施が難しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デジタルテレビ
でじたるてれび
digital TV

デジタル信号による送受信方式のテレビ放送の総称または受像機。世界各国は衛星、地上波ケーブルを用いてデジタル放送を進めており、自由な放送方式を認可している。日本ではまずCSデジタル放送が1996年(平成8)に始まり、2000年にはBSデジタル放送が、2003年には地上デジタル放送が開始された(地上デジタル放送の完全移行は2011年)。デジタル化により信号処理は容易になるので、高精細化と多チャンネル化、データ放送が可能となり、パソコン家庭用電気機器など他のメディアと連動できるように信号を統合した受像機が開発されてきた。高精細テレビにはハイビジョンに似た走査線1080本の飛び越し走査と、パソコンに似た720本の順次走査方式が提案され、前者はアメリカCBSNBCと日本のNHKとほとんどの民放、後者はABCフォックスが採用を決定している。従来のテレビ受像機との接続用のセットトップボックス、パソコン向けの増設ボード、標準型デジタルテレビや大画面高精細受像機、インターネットと接続可能なメディアプロセッサーなどが開発され、放送とインターネットを融合した番組も制作されている。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デジタルテレビの関連情報