コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタルフィルター digital filter

カメラマン写真用語辞典の解説

デジタルフィルター

 デジタルカメラで、撮像素子から出力されたデータを電気的に加工して、フィルムでフィルターを使ったような効果を得る機能。モノクロモード、セピアモード、ソフトフォーカスなどはコンパクトデジタルカメラに搭載されていたが、デジタル一眼レフカメラにもモノクロモードを中心としたデジタルフィルターが搭載されるようになった。とくに、キヤノンはEOS20D、EOS Kiss Digital Nに現像パラメータのひとつとしてモノクロモードを搭載。コントラストフィルター(イエロー、オレンジ、レッド)と同じような効果が得られるほか、調色もできる。デジタルプリンタがモノクロモードに本格的に対応するようになったため、モノクロモードの重要性は増している。なお、モノクロモードは撮像素子で受けたカラー画像情報から、カラー情報を廃棄して作り出している。つまり、Photoshopなどのレタッチソフトでグレースケールに変換するのと同じであるが、それをカメラ側で行ってくれ、さらにコントラストフィルター効果や調色ができるという点が新しい。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

デジタルフィルターの関連キーワードデジタル・シグナル・プロセッサーDSP

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デジタルフィルターの関連情報