デスポイナ(英語表記)Despoina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デスポイナ
Despoina

古代ギリシアのアルカディア地方で,密儀の主神として尊崇された神秘的女性神格の呼称。雌馬に変身したところを雄馬になったポセイドンに犯されたデメーテルから,アレイオンという神馬とともに生れたとされ,実名は密儀のなかでしか教えられなかったため,通常は「女主人」を意味するこの称号によって呼ばれた。エレウシスの密儀におけるペルセフォネに相当する冥界の女王であったと想像される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android