コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッセル Deyssel, Lodewijk van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッセル
Deyssel, Lodewijk van

[生]1864.9.22. アムステルダム
[没]1952.1.26. ノルトホラント,ハールレム
オランダの評論家,小説家。本名 Karel Joan Lodewijk Alberdingk Thijm。文芸誌『新案内』 De Nieuwe Gidsの編集者で,『隔月刊雑誌』 Tweemaandelijksche Tijdschriftの創刊者の一人。文学グループ「1880年代の作家たち」のうち最も重要な経験主義の作家。 1900年代に現れた自然主義,象徴主義,印象主義,ダンディズムの文学傾向を紹介。主著に,小説『愛』 Een liefde (1887) ,評論『ゾラからメーテルランクまで』 Van Zola tot Maeterlinck (95) ,伝記『フランク・ローゼラールの生活』 Uit het leven van Frank Rozelaar (1911) ,『回想録』 Gedenkschriften (24) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デッセルの関連キーワードオランダ文学ピカール

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android