コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッセル Deyssel, Lodewijk van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッセル
Deyssel, Lodewijk van

[生]1864.9.22. アムステルダム
[没]1952.1.26. ノルトホラント,ハールレム
オランダの評論家,小説家。本名 Karel Joan Lodewijk Alberdingk Thijm。文芸誌『新案内』 De Nieuwe Gidsの編集者で,『隔月刊雑誌』 Tweemaandelijksche Tijdschriftの創刊者の一人。文学グループ「1880年代の作家たち」のうち最も重要な経験主義の作家。 1900年代に現れた自然主義,象徴主義,印象主義,ダンディズムの文学傾向を紹介。主著に,小説『愛』 Een liefde (1887) ,評論『ゾラからメーテルランクまで』 Van Zola tot Maeterlinck (95) ,伝記『フランク・ローゼラールの生活』 Uit het leven van Frank Rozelaar (1911) ,『回想録』 Gedenkschriften (24) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デッセルの関連キーワードオランダ文学ピカール

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android