コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペドロ[2世](読み)ペドロ

百科事典マイペディアの解説

ペドロ[2世]【ペドロ】

ブラジル皇帝(在位1831年―1889年)。ペドロ1世の子。長期にわたり国内の平和と繁栄に寄与したが,1864年の対ウルグアイ戦争,1864年―1870年のパラグアイ戦争を戦い財政危機を招いた。また,当時広まっていた共和主義思想に理解を示し,奴隷制廃止政策をとったため地主階級の支持を失い,1889年革命によって退位,ヨーロッパに亡命。
→関連項目ペドロ[1世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペドロ[2世]【Pedro II,Dom Pedro de Alcântara】

1825‐91
ブラジルの皇帝。在位1831‐89年。ブラジル独立を宣言したペドロ1世の第7子。1831年父が退位したとき5歳であったため,皇帝の承認のみを受けて〈調整府〉の長となり,国は摂政期に入る。ブラジル独立の実質的推進者で自由主義的な民族主義者ジョゼ・ボニファシオJosé Bonifácio(1763‐1838)らがこの幼帝の道徳的・知的教育を担当した。父皇帝と異なりブラジルに生まれ育ったうえに,聡明で温厚かつ控え目な性格であったため,帝国の統治者にふさわしい人物であるとして国民から成人宣言を待望されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android