コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッソアール デッソアールDessoir, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッソアール
Dessoir, Max

[生]1867.2.8. ベルリン
[没]1947.7.19. ケーニヒシュタイン
ドイツの美学者。一般芸術学の提唱者。 1897年ベルリン大学助教授,1920年同大学教授。美と芸術の領域とを区別し,芸術を対象とする芸術学を美を対象とする美学と並立させて,一般芸術学と称した。さらに 06年『美学と一般芸術学』誌を刊行,一般芸術学の普及に努めた。主著『美学と一般芸術学』 Ästhetik und allgemeine Kunstwissenschaft (1906) ,『一般芸術学への寄与』 Beiträge zur allgemeinen Kunstwissenschaft (29) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デッソアールの関連キーワードイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵徳川慶喜明治天皇ビルケランライトルボンローシー藤堂平助ブラント