デビッド・ポール オーズベル(英語表記)David Paul Ausubel

20世紀西洋人名事典の解説

デビッド・ポール オーズベル
David Paul Ausubel


1918 -
米国の心理学者。
イリノイ大学教授,トロント大学教授,ニューヨーク市立大学教育学教授。
1943年ブラディス大学で医学、’50年コロンビア大学で文学の学位を得る。イエシバ大学で精神科医を歴任し、イリノイ、トロン大学教授を経て、ニューヨーク市立大学教育学教授となる。発達心理学、実験精神病理学、認知構造、動機づけ理論などの領域で活動。特に、認知構造の解明に力を注ぐ。教育心理学は、認知論の立場から書かれ従来のものとはかなり色彩を異にしている点に特色。主な著書に、’65年「social attitudes,and race relations」、’68年「Educational psychology」「A cognitive view」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android