コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デピネー夫人 デピネーふじんÉpinay, Louise Florence Pétronille Tardieu d'Esclavelles, dame de la Live d'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デピネー夫人
デピネーふじん
Épinay, Louise Florence Pétronille Tardieu d'Esclavelles, dame de la Live d'

[生]1726.3.11. バランシエンヌ
[没]1783.4.17. パリ
フランスの女流作家。不幸な結婚をしたのち,批評家 F. M.グリムの愛人になり,パリやモンモランシー近郊シュブレットの邸宅に当時有数のサロンを開き,グリムをはじめ,ボルテール,ドルバック,ディドロ,ルソーら一流の文学者,哲学者を迎えた。 1756年から約1年半ルソーの保護者となり,領地内のエルミタージュと呼ばれる別荘を提供した。主著『わが幸福なる時』 Mes moments heureux (1758) ,『わが子への手紙』 Lettres à mon fils (58) ,『エミリーの会話』 Conversations d'Émilie (74) ,『モンブリアン夫人の物語』 Histoire de Madame de Montbrillant (1818) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デピネー夫人の関連キーワードデュモンマクシミリアン2世エマヌエル山中一揆ルイ(15世)天文学史(年表)マクシミリアン2世芦別岳懐徳堂勝川春章ガリバー旅行記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android