コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デポ剤 デポザイ

大辞林 第三版の解説

デポざい【デポ剤】

筋肉注射や皮下注射で、主薬が徐々に放出され、作用が長期間持続する注射剤の俗称。性ホルモンの油性注射剤はその一例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デポ剤
でぽざい
depot(s)

注射用の持効性製剤。1回の注射で薬効が数日ないし数か月持続するようにつくられた注射剤で、ホルモン剤が多く、油性注射剤か懸濁性注射剤の形で適用されている。男性ホルモンではエナント酸テストステロン、プロピオン酸テストステロン、卵胞ホルモンではジプロピオン酸エストラジオール、プロピオン酸エストリオール、黄体ホルモンではカプロン酸ヒドロキシプロゲステロン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両者を含む配合剤では「EPホルモンデポー」などがあり、男性ホルモンと卵胞ホルモンの配合剤では「ボセルモン・デポー」「デポ両性」「プリモジアン・デポー」「ダイホルモン・デポー」「エスジン・デポー」などがある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デポ剤の関連キーワード皮下注射筋肉注射長期間一例俗称主薬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android