デモーニッシュ

デジタル大辞泉 「デモーニッシュ」の意味・読み・例文・類語

デモーニッシュ(〈ドイツ〉dämonisch)

[形動]鬼神に取りつかれたようなさま。超自然的な力が感じられるさま。悪魔的。「デモーニッシュで刺激的な画風」
[類語]神がかり鬼気迫る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「デモーニッシュ」の意味・読み・例文・類語

デモーニッシュ

  1. 〘 形容動詞ナリ活用 〙 ( [ドイツ語] dämonisch ) 悪魔的であるさま。鬼神に憑(つ)かれたようなさま。人間以外のものにもいう。
    1. [初出の実例]「その人間的でない感じにぶつかる時僕らは本能的に全く親しめない、所謂デモーニッシュな印象をうけるんだ」(出典:竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と赤い月)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内のデモーニッシュの言及

【ゲーテ】より

…ドイツ文学史上,ゲーテが文学活動を開始した時期はシュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤(しつぷうどとう))と呼ばれるが,《オシアン》やシェークスピアを称揚したヘルダーがその理論的指導者であったのに対し,ゲーテは抒情詩の面で〈5月の歌〉をはじめとする《ゼーゼンハイム小曲》(1770‐71),戯曲の面で《ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン》(1773),小説の面で《若きウェルターの悩み》(1774)によって真に文学革命的な新生面を開いた。ゲーテの文学世界の特徴は,〈自然〉〈象徴〉〈理念〉〈活動〉〈愛〉〈魔神的なもの(デモーニッシュなもの)〉などという言葉によって要約される。彼にとって自然は青年時代から〈神性の生きた衣〉(《ファウスト》第1部)であり,森羅万象ことごとく神性の内的生命を象徴的に暗示するものであった。…

【デーモン】より

…現代人であれば無意識領域に働くと規定するようないっさいの諸力がダイモンであった。 このように元来は必ずしも邪悪さとは結びつかない存在者で,天才的人格の特性として用いられるドイツ語デモーニッシュdämonischなどに積極的側面が残っているものの,キリスト教の台頭とともに異教の神々は排され,ダイモン=デーモンも魔神や悪魔と同一視されるようになった。ゾロアスター教,ユダヤ教,イスラム教などと並んで善悪二元論の立場をとるキリスト教神学では,神や天使の構成する善の位階に対応して,悪の位階を構想するが,デーモンはもっぱら後者の中に組織されたのである。…

※「デモーニッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android