赤い月

デジタル大辞泉プラスの解説

赤い月

2004年公開の日本映画。監督・脚色降旗康男原作なかにし礼による同名小説、脚色:井上由美子。出演:常盤貴子、伊勢谷友介香川照之、布袋寅泰、大杉漣ほか。敗戦後の満州で強く生きる女性の姿を描く。

赤い月

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1977年4月~1977年5月。原作:松本清張推理小説高校殺人事件』。脚本岩間芳樹。出演:高野浩之、小松方正ほか。親友に迫ろうとする高校生の姿を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

あかいつき【赤い月】

なかにし礼による小説。自身の満州からの引き揚げ体験を題材にした作品で、平成13年(2001)刊行。本作を原作とするドラマや映画が制作されたほか、平成17年(2005)自身の脚色により舞台化。脚本は「戯曲赤い月」として同年出版された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android