コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュフレーヌ デュフレーヌ Dufresne, Charles

2件 の用語解説(デュフレーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュフレーヌ
デュフレーヌ
Dufresne, Charles

[生]1876.11.23. セーヌエオアーズ,ミルモン
[没]1938.8.8. ラセーヌシュルメール
フランスの画家。初め彫金を学び,1905年からパステル画をサロン・ナシオナルに出品。サーカスを主題にしたものが多い。 08年頃から油絵を始める。 10~12年アルジェリアに滞在。異国的な風景,幻想的な場面を豊かな色彩とキュビスム的なきびしい構成で描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュフレーヌ

フランスの画家。パリ郊外のミルモン生れ。パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)で彫刻を学ぶ。初めドラクロアセザンヌの影響下にあったが,のちフォービスムキュビスムの総合を目ざした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デュフレーヌの関連キーワードセーヌ川あいうえおアクセーヌウマタセーヌグランデーヌ強盗紳士アルセーヌ・ルパンショコラセーヌ《セゾン》エルセーヌカードセーヌ湾の反乱ラ・セーヌの星

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュフレーヌの関連情報