コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュフレーヌ Dufresne, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュフレーヌ
Dufresne, Charles

[生]1876.11.23. セーヌエオアーズ,ミルモン
[没]1938.8.8. ラセーヌシュルメール
フランスの画家。初め彫金を学び,1905年からパステル画をサロン・ナシオナルに出品。サーカスを主題にしたものが多い。 08年頃から油絵を始める。 10~12年アルジェリアに滞在。異国的な風景,幻想的な場面を豊かな色彩とキュビスム的なきびしい構成で描く。 23年サロン・デ・チュイルリー創設時のメンバーとなる。タペストリーの下絵,壁画,舞台装飾なども手がけた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュフレーヌの関連キーワードクローゼー諸島11月23日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android