デュブランフォー(英語表記)Augustin Pierre Dubrunfaut

世界大百科事典 第2版の解説

デュブランフォー【Augustin Pierre Dubrunfaut】

1797‐1881
フランスの工業化学者。リール生れ。工業的に油脂を分解して脂肪酸にする際,刺激性のアクロレインが発生する難点を改良するために,濃硫酸で処理したうえで水とともに蒸留する方法を考案し,ろうそく原料の生産に貢献した(1841)。また精糖に興味をもち,新しく生成したブドウ糖旋光度がしだいに変化することに気づき,変旋光現象を発見し(1846),浸透計を利用して結晶しやすいショ糖を得る特許をとり(1854),テンサイ糖を分離した液すなわち糖蜜から2番糖を回収する方法として,羊皮紙を用いる透析法を創始する(1863)などの業績を残した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android