コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュブランフォー Augustin Pierre Dubrunfaut

1件 の用語解説(デュブランフォーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュブランフォー【Augustin Pierre Dubrunfaut】

1797‐1881
フランスの工業化学者。リール生れ。工業的に油脂を分解して脂肪酸にする際,刺激性のアクロレインが発生する難点を改良するために,濃硫酸で処理したうえで水とともに蒸留する方法を考案し,ろうそく原料の生産に貢献した(1841)。また精糖に興味をもち,新しく生成したブドウ糖の旋光度がしだいに変化することに気づき,変旋光現象を発見し(1846),浸透計を利用して結晶しやすいショ糖を得る特許をとり(1854),テンサイ糖を分離した液すなわち糖蜜から2番糖を回収する方法として,羊皮紙を用いる透析法を創始する(1863)などの業績を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュブランフォーの関連キーワード工業化学ナントフランスペランランスルマンソルベー法フランスソワールマンデスフランス棚橋寅五郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone