コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュポン・ド・ルール デュポン・ド・ルールDupont de l'Eure, Jacques-Charles

1件 の用語解説(デュポン・ド・ルールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュポン・ド・ルール
デュポン・ド・ルール
Dupont de l'Eure, Jacques-Charles

[生]1767.2.27. ウール,ヌーブール
[没]1855.3.2. ルージュベリエ
フランスの法律家,政治家。 1813年立法院議員。ナポレオン1世の「百日天下」の間議会の副議長をつとめ,王政復古期の正統主義に反対した。 48年二月革命後の臨時政府ブルジョア共和派として参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュポン・ド・ルールの関連キーワードマイソール戦争川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子桂川甫筑新潟明和騒動国重要無形民俗文化財青木木米Jアダムズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone