コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アユタヤ アユタヤAyutthaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アユタヤ
Ayutthaya

正式名称はプラナコンシアユタヤ Phra Nakhon Si Ayutthaya。タイ中部,バンコク北方 75kmにある町。アユタヤ県の県都。パーサック川がチャオプラヤー川左岸の分流ロッブリー川に合流する地点にある。 1350~1767年アユタヤ朝首都として繁栄。 18世紀中頃ビルマ軍の侵攻を受けて王宮や大寺院は破壊されたが,ラートブルナ寺,マハータート寺などの数々の遺跡が残り,周辺の遺跡群とともに 1991年世界遺産の文化遺産に登録。 17世紀初頭には日本町があり,1500人以上の日本人が居住したといわれ,山田長政の記念碑がある。稲作地帯の商業中心地の一つで,バンコクから鉄道,道路が通じている。人口6万 511 (1986推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アユタヤ

51の歴史的な建造物遺構を含む約3平方キロが「古都アユタヤ」として1991年に世界遺産に登録された。チャオプラヤ川など四方を川に囲まれ、14~18世紀にかけてアユタヤ王朝の首都として栄えた。

(2011-10-07 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アユタヤ(Ayutthaya)

タイ中部の古都。首都バンコクの北約60キロメートル、チャオプラヤー川支流の川中の島にある。1350年から1767年にかけてアユタヤ朝の都が置かれ、東南アジア有数の交易港として栄えた。稲作が盛ん。1991年、かつての王宮や寺院などがあるアユタヤ歴史公園をはじめ、周辺の古都が、「古都アユタヤ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アユタヤ

タイ中南部,チャオプラヤー(メナム)川に臨む古都。正しくはプラナコーン・シーアユタヤーともいう。14―18世紀アユタヤ朝の都として栄え,17世紀にはオランダ,英国,ポルトガル,中国,日本などの東南アジア交易の拠点となって外国人が多く居留した。
→関連項目タウングー朝南洋日本人町

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アユタヤ【Ayutthaya】

タイ中部の都市。人口6万1000(1990)。メナム,ロッブリー,パーサック3河川の合流点に位置し,バンコクから鉄道で約65km北方にある。メナム川水上交通の要衝であり,市街は運河水路に囲まれた島状になっている。1351年ラーマティボディ1世によって建設され,1767年ビルマ軍の攻撃によって陥落するまでの400年余にわたり,アユタヤ朝の首都として繁栄をきわめた。強大なアユタヤ朝の富は外国貿易によって築かれ,特に17世紀以降,アユタヤは東南アジアにおける最大の貿易基地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アユタヤ【Ayutthaya】

タイ、バンコクの北、チャオプラヤ川の下流域にある古都。アユタヤ朝の首都。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アユタヤ
あゆたや
Ayutthaya

タイ中部、アユタヤ県の県都。首都バンコクの北約60キロメートル、チャオプラヤー、パサック、ロプブリーの3河川が合流する地点の川中島にある。人口7万5916、同名の県の人口は72万7277(2000)。かつての王都で、1350年ウートング侯がこの地で即位してラーマティボディ1世となり、アユタヤ朝を開いた。アユタヤ朝は、1767年ビルマ(現ミャンマー)に攻略されるまでの約400年間、インドシナ半島中央部の強国として栄えた。当時は東南アジアにおける主要な海外交易港で、諸外国人が往来し、日本人町もあった。またアユタヤ周辺のデルタは広大な浮稲(うきいね)地域で、その安定した稲作は王朝の経済基盤であった。現在も稲作が盛んで、大穀倉地域を形成する。また河川、人工水路により舟運が発達している。旧王都として数多くの遺跡のほか、国立博物館もあり、国外から多くの観光客が訪れる。1991年に周辺の古都とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[友杉 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアユタヤの言及

【タイ】より

…スコータイは,南方のマレー半島と西方の下ビルマを経てスリランカから上座部仏教を受容したが,これは王制とともに現在まで続く政治・文化の基盤となった。
[アユタヤ朝]
 1351年,チャオプラヤー・デルタ下流部の河港アユタヤを中心に,新たなタイ族の国家アユタヤ朝が成立し,北方に向かってその勢力を拡張すると,スコータイはやがてこれに併合され,政治的独立を失った。アユタヤとその周辺は,かつてモン族の国ドバーラバティの支配下にあった地域である。…

【ナレースエン】より

…タイ,アユタヤ朝のスコータイ王家第2代の王。在位1590‐1605年。…

【港町】より

… おもに中継港としての機能を果たした港市国家に対し,時代が下るにつれ,内陸ルートを強権的に支配し,租税として徴収した森林生産物を中心とする後背地の物産の輸出独占を権力の基盤とする新たなタイプの港市国家が発生する。ミャンマーのペグー,タイのアユタヤなどがこれに属する。ペグーの支配域が主として港とその周辺に限定されているのに対し,アユタヤは物産の生産される広大な領域を後背地としてもち,その集荷路にも支配を及ぼしている点が異なるが,首都である港市に同じく顕著な国際性がみられることが同時代史料によっても知られる。…

※「アユタヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アユタヤの関連キーワードワットニウェートタンマプラワットワットプラシーラタナマハータートウィハーンプラモンコンボピットワットチャイワタナーラームラーマティボディ(1世)ラーマティボディ(2世)ラーマティボディ[2世]ワットヤイチャイモンコンワットプラシーサンペットチャンタラカセーム宮殿ワットチャイワタナラムアユタヤ世界遺産の祭典ワットラーチャブーラナワットローカヤスッターワットプラマハタートアユタヤの日本人町跡ワットナープラメーンワットパナンチューンワットスワンダララムワットプーカオトン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アユタヤの関連情報