コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュランティス Guilelmus Durantis

世界大百科事典 第2版の解説

デュランティス【Guilelmus Durantis】

1232から37‐96
フランスのカノン法(教会法)学者。フランス名はデュランGuillaume Durand。貴族の家に生まれ,リヨンについでボローニャで法学を修得,同地およびモデナでカノン法を講じた。しかしただちにローマに呼ばれ,歴代教皇によって種々の要職に任ぜられ,またマンドの司教にもなった。数多くの著作があるが,主著は《訴訟鑑Speculum judiciale》(1271‐76,改訂1289‐91)。それまでのローマ・カノン法の訴訟法学の成果を自分の司法・行政経験をも踏まえながら総括し,後代にとって標準的な作品となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デュランティスの関連キーワード貞永四条天皇建礼門院右京大夫ナスル朝四条天皇宝福寺川崎重工業のロボット事業寛喜建礼門院右京大夫集御成敗式目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android