コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュランティス Guilelmus Durantis

1件 の用語解説(デュランティスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュランティス【Guilelmus Durantis】

1232から37‐96
フランスカノン法(教会法)学者。フランス名はデュランGuillaume Durand。貴族の家に生まれ,リヨンについでボローニャで法学を修得,同地およびモデナでカノン法を講じた。しかしただちにローマに呼ばれ,歴代教皇によって種々の要職に任ぜられ,またマンドの司教にもなった。数多くの著作があるが,主著は《訴訟鑑Speculum judiciale》(1271‐76,改訂1289‐91)。それまでのローマ・カノン法の訴訟法学の成果を自分の司法・行政経験をも踏まえながら総括し,後代にとって標準的な作品となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュランティスの関連キーワードゲルマン法フランス組曲フランス領ギアナフラングレフランス窓フランスソワールマンデスフランスフランステレビジオンパッヘルベルのカノンペキネ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone