コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュランティス Guilelmus Durantis

世界大百科事典 第2版の解説

デュランティス【Guilelmus Durantis】

1232から37‐96
フランスカノン法(教会法)学者。フランス名はデュランGuillaume Durand。貴族の家に生まれ,リヨンについでボローニャで法学を修得,同地およびモデナでカノン法を講じた。しかしただちにローマに呼ばれ,歴代教皇によって種々の要職に任ぜられ,またマンドの司教にもなった。数多くの著作があるが,主著は《訴訟鑑Speculum judiciale》(1271‐76,改訂1289‐91)。それまでのローマ・カノン法の訴訟法学の成果を自分の司法・行政経験をも踏まえながら総括し,後代にとって標準的な作品となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュランティスの関連キーワード貞永四条天皇宝福寺川崎重工業のロボット事業寛喜御成敗式目貞永セネガル拖雷宝福寺

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone