デューベリー(読み)でゅーべりー

  • Rubus
  • dewberry

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラ科(APG分類:バラ科)キイチゴ属の小果樹の一群。ラズベリーraspberry、ブラックベリーblack berryとともにブランブルbramblesと総称されるが、いずれも多くの種子があり、しかも雑種性が高く、分類は紛らわしい。ビロサス種R. villosus Ait.、トリビアリス種R. trivialis Michx.、ビティフォリウス種R. vitifolius Cham. et Schlecht.などを主体とする。茎は細く、地をはう。花は花房にまばらにつき、中心の花から開花する。果実は集合果で、晩夏から秋に黒く熟し、花托(かたく)からは離れにくい。甘酸っぱく、生食(せいしょく)、パイなどに利用する。アメリカのミシガン州、ニューヨーク州などで多く栽培され、日本では中部地方以西のやや暖かい所が適地とされる。

[飯塚宗夫 2020年1月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデューベリーの言及

【ブラックベリー】より

…同類のラズベリーより温暖地に分布し,北アメリカ西海岸に主産地がある。変異に富み,つる性,直立性,また従来デューベリーと呼ばれた匍匐(ほふく)性大果種も含まれる。ブラックベリーは北アメリカに産するRubus allegheniensis PorterやR.argutus Link.またR.ursinus Cham et Schlecht.その他の種から交雑育成されたものである。…

※「デューベリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android