デルフトの眺望(読み)デルフトノチョウボウ

デジタル大辞泉「デルフトの眺望」の解説

デルフトのちょうぼう〔‐のテウバウ〕【デルフトの眺望】

原題、〈オランダGezicht op Delftフェルメール絵画カンバス油彩。縦97センチ、横116センチ。デルフト市街をスヒー川の対岸から描いた作品。フェルメールの数少ない風景画の一。ハーグマウリッツハイス美術館所蔵。デルフト眺望。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「デルフトの眺望」の解説

デルフトの眺望

オランダの画家ヨハネス・フェルメールの絵画(1660-1661頃)。原題《Gezicht op Delft》。デルフト市街をスヒー川の対岸から描いた作品。数少ない風景画の一つ。デン・ハーグ、マウリッツハイス美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android