コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーンゲルド Danegeld

翻訳|Danegeld

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーンゲルド
Danegeld

中世イギリスで全国的に徴収された地租。デーン税の意。本来デーン人に与えて彼らの侵攻を宥和するため徴収されたのでこの名がある。 991年アゼルレッド2世のときに始り,カヌート王のときはヘレゲルドと呼ばれて常備軍への給料支払いにあてられた。エドワード (懺悔王) 時代に一時中止されたが,ウィリアム1世が復活,通常1ハイドにつき2シリングの率で徴収された。 1162年廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のデーンゲルドの言及

【エセルレッド[2世]】より

…決断力を欠いたため〈怠慢王the Unready〉〈不決断王the Redeless〉とも呼ばれる。しばしばバイキングの大規模な侵入を受け,そのつど巨額の宥和金(デーンゲルド)を支払って平和を購い,その重税により国民を苦しめた。1013年デンマーク王スベン1世が侵入した時には,国土・人民をすてて妃の出身地ノルマンディーに亡命。…

【デーン人】より

…10世紀に入り,イングランド諸王は反撃を開始し,同世紀半ばころまでにはデーンロー地方を服属させたが,同世紀末には再び北欧からの大規模な侵入が再開され,デーンローのデーン人もこれに呼応して立ち上がった。イングランド王エセルレッド2世はその攻撃をかわすため,デーンゲルドという税を徴収して彼らに与えて平和をあがなったが,1016年デンマーク王子クヌットはついにイングランドを征服して王となり,デーン朝を開いた。彼はまもなくデンマーク王となり,ノルウェー王をも兼ね,スウェーデンの一部をも支配する北海帝国を建設したが,このころがデーン人の活動の最盛期であった。…

※「デーンゲルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デーンゲルドの関連キーワードエセックス(イギリス)ドゥームズデイ・ブックエセルレッド[2世]イギリス史(年表)イギリス史ウィリアム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android