コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥウェイフルフォンテーン トゥウェイフルフォンテーン Twyfelfontein

2件 の用語解説(トゥウェイフルフォンテーンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トゥウェイフルフォンテーン(Twyfelfontein)

ナミビア北西部、クネネ州にある遺跡。紀元前1000年頃から後1000年頃のものとされる2000点以上の岩絵が残っている。人間、キリン、サイ、ダチョウのほか、動物の足跡などが描かれている。狩猟採集民の生活や宗教を知る重要な遺跡として知られ、2007年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

トゥウェイフルフォンテーン

2007年に登録されたナミビア初の世界遺産(文化遺産)。同国北西部のクネネ州にある、2000点以上にも及ぶ岩線刻画群である。人間のほかに、サイ、ゾウ、ダチョウ、キリンなどが描かれ、人や動物の足跡も刻まれている。1000年頃までの2000年以上にわたるアフリカ南部の狩猟採集民の生活や信仰を知る貴重な遺跡として保護されている。◇英名はTwyfelfontein or /Ui-//aes

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥウェイフルフォンテーンの関連キーワードジェミラスルツエイナミビアティヤガムジグラードツォディロ世界遺産暫定リスト世界遺産登録アルジェのカスババムとその文化的景観

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥウェイフルフォンテーンの関連情報