トゥトアンクアメンの墓(読み)トゥトアンクアメンのはか(英語表記)Tomb of Tutankhamen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エジプト,テーベ西郊の王陵の谷にあるエジプト第 18王朝の王トゥトアンクアメン。 1922年カーナーボン卿と H.カーターが発見。玄室のほか埋葬室,付属室,宝庫の4室から成る王墓としては簡素な岩窟羨道墓で,埋葬室だけに壁画がある。古代エジプト王墓のうち盗掘を免れて発見された唯一の例。ミイラ頭部をおおう黄金のマスクや純金をはじめ豪華な家具調度類,装身具などの副葬品は,現在エジプト国立博物館の至宝となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android