コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥトアンクアメンの墓 トゥトアンクアメンのはかTomb of Tutankhamen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥトアンクアメンの墓
トゥトアンクアメンのはか
Tomb of Tutankhamen

エジプト,テーベ西郊の王陵の谷にあるエジプト第 18王朝の王トゥトアンクアメンの墓。 1922年カーナーボン卿と H.カーターが発見。玄室のほか埋葬室,付属室,宝庫の4室から成る王墓としては簡素な岩窟羨道墓で,埋葬室だけに壁画がある。古代エジプト王墓のうち盗掘を免れて発見された唯一の例。ミイラの頭部をおおう黄金のマスクや純金の棺をはじめ豪華な家具調度類,装身具などの副葬品は,現在エジプト国立博物館の至宝となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トゥトアンクアメンの墓の関連キーワード王陵

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android