コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄室 げんしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄室
げんしつ

日本の古墳で,遺骸を安置した部屋のことをいう。主として横穴式石室横穴の場合にこの語が用いられる。単,複室の別があり,また石棺が残存する場合としない場合があるが,後者の場合は木棺などの痕跡があり,直接遺骸を安置したことはあまりなかったと思われる。副葬品もこの部屋に置かれることが多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

防府市歴史用語集の解説

玄室

 横穴式石室[よこあなしきせきしつ]の古墳で、死体をおさめる部屋をさします。石のひつぎが室[げんしつ]の中にあることもあります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんしつ【玄室】

古墳の中の棺をおさめる室。玄宮。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄室
げんしつ

後期古墳の横穴式石室や、斜面につくられる横穴墓の奥室で遺骸(いがい)や副葬品を納める部屋をいう。入口を玄門とよび、その前方の通路を羨道(せんどう/えんどう)とよぶ。内部には石棺や木棺が置かれる。平面形は長方形のものが多いが、正方形や楕円(だえん)形に近い「胴張(どうば)り形」とよばれるものもある。[久保哲三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玄室の言及

【石室】より

…なお,弥生時代の終末には先駆的な形態のものが出現するが,小型,粗製で,古墳時代前期のものとは直ちに連続しない。 他方,横穴式石室は玄室と呼ぶ遺体を収める空間と,そこにいたる通路としての羨道(えんどう∥せんどう)よりなる。羨道が玄室前面の中央に付くものを両袖式,左右に偏するものを片袖式,両者の区別のないものを無袖式という。…

※「玄室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玄室の関連キーワードスベシュタリのトラキア人墳墓ウナス王のピラミッド羨道(せんどう)小田茶臼塚古墳千宗室(9代)ガランドヤ古墳遇賢里大墓壁画鬼ノ岩屋古墳法皇山横穴群蓮ヶ池横穴群高井田横穴群ピラミッド岩屋山古墳宝塔山古墳安部谷古墳日拝塚古墳横田下古墳地下式横穴華屋英曇艸墓古墳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄室の関連情報