コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥビム Julian Tuwim

1件 の用語解説(トゥビムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トゥビム【Julian Tuwim】

1894‐1953
ポーランドの詩人。ウッチユダヤ人銀行員の家に生まれた。第1次世界大戦後の有力な詩人グループスカマンデルSkamander〉に属し,初期には日常語を駆使して都市の風俗を歌ったが,社会への幻滅をしだいに強め,風刺詩《歌劇場の舞踏会》(1936)などを発表。また言語探求の情熱は,異色作品《緑》(1936)などに結実した。フランスアメリカへの亡命中の大作《ポーランドの花》(1949)もある。ロシア文学の翻訳,詞華集の編纂などのしごとも見のがせない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥビムの関連キーワード日清戦争単層原子力産業リーケの原理日清戦争ロシア映画オランダ文学日活(株)砥石ダットサンDB-5型

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone