コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルア Tuluá

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルア
Tuluá

コロンビア西部,バイェデルカウカ州中部の都市。首都ボゴタの西南西約 240km,カウカ川右岸の河谷にある。古くからインディオのプティマエ族が住んでいた地で,スペイン人の侵入に対して 1636年まで抵抗。その後スペイン人が建設した大牧場を中心に発展,1814年市となった。現在も主産業は農牧業で,牛肉,牛乳,イースト,その他の食品を産する。毎年ウシと工業製品の展示会が開かれる。州都カリとメデリンを結ぶ幹線道路,鉄道が通る。人口 10万 1699 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トゥルアの関連キーワードアンバトロアカマオリ党

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android