コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルク城 トゥルクジョウ

2件 の用語解説(トゥルク城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トゥルク‐じょう〔‐ジヤウ〕【トゥルク城】

Turun Linna》フィンランド南西部の都市、トゥルクにある城。13世紀後半、同地を支配していたスウェーデンにより建造された。現存する同国最古で最大の城として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

トゥルクじょう【トゥルク城】

フィンランド南西部の西スオミ州の州都トゥルクTurku)、アウラ河口の港付近にある城郭跡。現在は歴史博物館として、トゥルクの歴史に関する展示が行われている。この城塞は、フィンランドがスウェーデンの支配下に入った1280年ごろに、トゥルク一帯を防衛する城塞として建設が始まった同国最古の城郭である。トゥルクは、1229年にローマ教皇グレゴリウス9世により司教座が置かれたことから発展をとげ、重要な都市となっていた。14世紀と16世紀に大幅な拡張が行われた。近世、1812年ヘルシンキが首都になるまでは、トゥルクが同国の中心都市となってきたため、この城は引き続き、首都の防衛拠点としての役割を果たし続けた。第二次世界大戦中、この城は大きく損壊したが、戦後修復が行われ、今日に至っている。かつての堀や城壁などは残っていないが、城内には、中世の貴族が舞踏会を催したバンケットホールが当時のまま残されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥルク城の関連キーワードトゥルクフィン人フィンランディアケララスオミ芬蘭エニスナーンタリフィンランドバスソークママとボクのフィンランドバス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone