コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルヌス Turnus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルヌス
Turnus

ローマの伝説上の英雄。ウェルギリウスの叙事詩『アエネイス』によれば,ダウヌスとニンフであるウェニリアの息子でルトゥリ人の王。ラウィニアの婚約者であったが,その父親が彼女をトロイ人アイネイアスにとつがせようとしたため怒り,トロイ人たちのイタリア定住に反対して激しく戦い,アイネイアスに倒された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトゥルヌスの言及

【ローマ神話】より

…あるいは対応するものの見いだしがたい神や多くの英雄は,ラテン語化した名称で受容したのであった。前者の例としてはゼウスはユピテルに,クロノスはサトゥルヌスに,ヘラはユノに,アフロディテはウェヌス(ビーナス)に,ディオニュソスはリベルに同一視されたし,ラテン語化による受容の例としてはアポロンがアポロに,アイネイアスがアエネアスとなった。と同時にそれぞれのギリシアの神々について語られた神話をも,ローマの神名に置き換えて受け入れることになった。…

※「トゥルヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥルヌスの関連キーワードリウィウス・アンドロニクス我が子を食うサトゥルヌスアフリカ[ローマ属州]フォルム・ロマヌムサトゥルヌス詩体フォロロマーノサトゥルヌス祭ナエウィウスサトゥルヌスグラウコスラティヌスカーニバルユピテル黄金時代サターンクロノス黒い絵ヤヌス道化宴会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android