コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルン・タクシス Thurn und Taxis

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルン・タクシス【Thurn und Taxis】

ドイツ・神聖ローマ帝国において郵便業務をつかさどった家系。ロンバルディアの出身であったが,ハプスブルク家と結び領域内に郵便制度をつくりあげ,これを掌握することによって経済的・社会的地位を築いた。まず1516年にF.vonタクシススペイン帝国内の郵便業務の独占を認められた。95年神聖ローマ帝国とネーデルラントの郵政長官を任じられ,1615年には,この職は同家の世襲職となった。これと並行して,帝国諸侯(貴族)にも列せられ,1650年に紋章の使用を許可され,トゥルン・タクシスと名のり,95年には侯Fürstの地位にのぼった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報