コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥールガウ州 トゥールガウThurgau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥールガウ〔州〕
トゥールガウ
Thurgau

スイス北東部の州。州都フラウエンフェルト。北東部-北部はボーデン湖およびライン川でドイツと国境を接し,州域の大部分はライン支流トゥール川の流域に属する。 450年までローマ領,中世はギブルク伯などの所領となり,1264年ルドルフ1世領。 1460年スイス同盟州の支配下に入り,1803年にその一州となる。住民はほぼ全員がドイツ語を話し,3分の2がプロテスタント。リンゴ,ナシおよびそれらを材料とした清涼飲料の産地として知られ,またボーデン湖畔やトゥール川岸ではブドウ栽培が行われる。繊維,化学,機械,食品,印刷工業のほか,刺繍などの手工芸も盛ん。面積 1013km2。人口 20万 5946 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トゥールガウ州の関連キーワードコンラッド オスターヴァルダーボードマー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android