コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥールガウ州 トゥールガウThurgau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥールガウ〔州〕
トゥールガウ
Thurgau

スイス北東部の州。州都フラウエンフェルト。北東部-北部はボーデン湖およびライン川でドイツと国境を接し,州域の大部分はライン支流トゥール川の流域に属する。 450年までローマ領,中世はギブルク伯などの所領となり,1264年ルドルフ1世領。 1460年スイス同盟州の支配下に入り,1803年にその一州となる。住民はほぼ全員がドイツ語を話し,3分の2がプロテスタント。リンゴ,ナシおよびそれらを材料とした清涼飲料の産地として知られ,またボーデン湖畔やトゥール川岸ではブドウ栽培が行われる。繊維,化学,機械,食品,印刷工業のほか,刺繍などの手工芸も盛ん。面積 1013km2。人口 20万 5946 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トゥールガウ州の関連キーワードコンラッド オスターヴァルダーボードマー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android